Keijiweb ver 6.24 - 最近のスマホ充電事情

ちょこっと通信:Geographica、雨かしら?、立体録音部などを開発、公開中!使ってみてね。

Charu3 / ジオグラフィカ / DIY GPS / Here.info / 速攻乗換案内 / 雨かしら?
 
iPhoneの充電について考えるスレ(9) / コラム 2010〜18年(50) / 映画を観たよ(37) / サバイバルゲーム(24) / 企画モノ(32) / iPhoneアプリ開発日記(41) / 山スレ(23) / 毎日の駄文2006年12月(14) / デイリーポータルZ  はっけんの水曜日(183) / Charu3の使い方講座(13)

全てのスレッドを表示する...

 
1位 何も知らない人向けサバゲー講座 第4回「銃に装着する光学器機について」 2位 iPhone 4/4S用防水防塵耐衝撃ケース「LifeProof」を買ったよ 3位 マツモトケイジのプロフィール 4位 初代iPadをWindowsPCのサブディスプレイにしてみた 5位 MacOSXでカシミール3Dを使う最も簡単な方法 6位 何も知らない人向けサバゲー講座 第3回「どの銃を買ったらいいか?」 7位 密造酒の作り方。その2。 8位 古いスマホを防水省エネな登山用GPSとして利用する方法 9位 雪山でのiPhone使用について 10位 東京マルイM933コマンドー 近代化改修(マグプルカスタム) 11位 書籍電子化時に斜めに取り込まれるので色々調べてみた 12位 密造酒の作り方。 13位 何も知らない人向けサバゲー講座 第1回「サバゲーってなに?」 14位 サイレンサー(サプレッサー)特集 15位 箇条書きで雑感。牡蠣と女性器の話とか。 16位 18650電池使用の中華充電器を買ったのでiPhoneなどで試した! 17位 [エアガンレビュー] 東京マルイ SIG SAUER(シグザウアー) P226E2 18位 干しカワハギが美味い! 19位 豚肉にコーラを掛けると虫が出てくるというトンデモ。 20位 「渡辺篤史の建もの探訪」で最も面白かった回。


■iPhoneの充電について考えるスレ iPhoneで使える携帯充電器などについて調べます。[URL]
姉妹スレッド iPhoneアプリ開発日記(41) / コラム 2010〜18年(50) / サバイバルゲーム(24) / ケイジの駄文2009年下半期(23) / ケイジの駄文2009年上半期(44)
すべて表示する...


■ 最近のスマホ充電事情 2016年02月27日
<前の記事 | 最古の記事 | 最新の記事 | 次の記事>

過去には18650電池を試したり色々やりましたが、最近はモバイルバッテリーを使うのが手軽で確実、安全性も高いです。価格もずいぶん下がりました。

モバイルバッテリーの定番

まず、モバイルバッテリーですが大容量化と低価格化が進んで、13,400mAh(iPhone6なら4回半分)のモバイルバッテリーが2,500円くらいで買えます。

バッテリーセルはパナソニック製で過充電、過放電の保護回路付き。信頼性も上がっています。とりあえずcheero製品を買っておけば間違いはないでしょう。

  

日帰りなら3,350mAh、一泊で6,700mAh、三泊までなら13,400mAhくらいあれば余裕でしょう。

1週間くらいの縦走なら20,100mAhとバックアップで3,350mAhを持てばいいんじゃないでしょうか。



cheero以外だとAnkerも低価格大容量で人気があるようです。



機内モードのGPS動作

iPhoneはiOS8.2までは機内モードにするとGPSが動かなくなっていましたが、8.3からは機内モードでもGPSを使える様になりました。機内モードにすると消費電力が激減するので山中では積極的に機内モードにしましょう。

以前はSIMをPINロックするとか小細工が必要でしたが、今は機内モードにするだけなので簡単です。

Androidは以前からほとんどの機種で機内モードにしてもGPSを使えます。GalaxyS2など古い機種の一部で機内モードにするとGPSを使えなくなる物がありますがごく稀で、知る限りGalaxyS2だけです。

トラックログを取る場合の稼働時間

ジオグラフィカでトラックログ(GPSログ)を記録する場合、満充電からの連続稼働時間はおよそ下記の通りになります。

※機内モードで、iPhone版はジオグラフィカのGPS精度を『省エネ』にした状態。

・iPhone5,5s,SE
 1時間に5.5%消費(18時間)

・iPhone6,6s,7
 1時間に4.2%消費(24時間)

・iPhone Plusシリーズ
 1時間に2.7%消費(36時間)

バッテリー容量を80で割るとおよその稼働時間になります。もちろんカメラや音楽再生など、使い方や気温によって変わります。

・AscendG6(2000mAh)
 1時間に4%消費(25時間)

・XperiaZ5Compact(2700mAh)
 1時間に3%消費(33時間)

・Nexus5(2300mAh)
 1時間に2.6%消費(38時間)

・arrows M03(2580mAh)
 1時間に3%消費(33時間)

Androidスマホは総じてバッテリー容量がiPhoneより大きいので長時間使えます。低価格スマホのAscendG6ですらiPhone6より容量多いです。

古いAndroidスマホはバッテリーの保ちが悪いイメージがありますが、最近の機種は機内モードにしてトラックログをとる限り、iPhoneより長時間使えます。

ソーラー充電器

ほんの数年前は何万円もしたソーラー充電器ですが、最近調べたら4600円程度になっていました。



重さは380gありますから、モバイルバッテリーにしたら20,100mAhのものと同じくらいです。1週間程度までならモバイルバッテリーでまかなえるので、ソーラー充電器の弱点などを考えると使う理由は少ないです(時間がかかる、天気や時間によっては発電できない)。

詳しいレビューはコチラ『スマホはソーラーバッテリーで充電できるか?』

でも、使ったら終わりのバッテリーと、太陽さえ出ていれば限りがないソーラーバッテリーは単純に比べられる物ではありません。そう、発電にはロマンがありますw。

不便さや重さに対する効率はともかく、山中で発電するというのはなかなか愉快です。

怖いのは故障ですかね。大きい分モバイルバッテリーよりは壊れやすそうです。

ソーラーパネル3枚の21W版もありますが、スマホの充電なら15Wで十分かなと思います。



趣味の充電器なので、効率なんかどうでもいい、発電を楽しみたいんだという方だけ手を出してください。

まとめ

・モバイルバッテリーは大容量、高信頼性、低価格化が進みました。
・登山で使うなら、今のところ機内モードにするのが最も手っ取り早く省エネで使えます。
・スマホのバッテリー容量を80で割ると、トラックログを記録したときの稼働時間がわかります。
・ソーラーバッテリーも安くなりましたが、1週間までの縦走なら普通にモバイルバッテリーを持つ方がいいでしょう(趣味なら止めませんが)。

18650電池とか買って遊んでた頃が懐かしいですね。

いい時代になりました!


スレッドのトップへ移動
ページのトップへ移動