ちょこっと通信:Geographica、雨かしら?、立体録音部などを開発、公開中!使ってみてね。

Charu3 / ジオグラフィカ / DIY GPS / Here.info / 速攻乗換案内 / 雨かしら?
 
映画を観たよ(37) / サバイバルゲーム(25) / 企画モノ(32) / ケイジの駄文2010〜17年(43) / iPhoneの充電について考えるスレ(7) / iPhoneアプリ開発日記(41) / 山スレ(23) / 毎日の駄文2006年12月(14) / デイリーポータルZ  はっけんの水曜日(183) / Charu3の使い方講座(13)

全てのスレッドを表示する...

 
1位 何も知らない人向けサバゲー講座 第4回「銃に装着する光学器機について」 2位 何も知らない人向けサバゲー講座 第3回「どの銃を買ったらいいか?」 3位 MacOSXでカシミール3Dを使う最も簡単な方法 4位 密造酒の作り方。その2。 5位 古いスマホを防水省エネな登山用GPSとして利用する方法 6位 「渡辺篤史の建もの探訪」で最も面白かった回。 7位 密造酒の作り方。 8位 初代iPadをWindowsPCのサブディスプレイにしてみた 9位 豚肉にコーラを掛けると虫が出てくるというトンデモ。 10位 密造酒の作り方。その3。 11位 書籍電子化時に斜めに取り込まれるので色々調べてみた 12位 マツモトケイジのプロフィール 13位 iPhone 4/4S用防水防塵耐衝撃ケース「LifeProof」を買ったよ 14位 雪山でLifeProofに入れたiPhoneを水没させてみた 15位 お腹を壊さないために気をつけるべき10個のルール 16位 天下一品みたいなドロドロスープのラーメンを作りたい! 17位 ろくろを回しながらITについて語る 18位 18650電池使用の中華充電器を買ったのでiPhone3GSで試した!その2 19位 PSP-1000のアナログスティック修理 20位 ケイジの駄文2010〜17年


■映画を観たよ 観た映画についてダラダラ書きます。[URL]
姉妹スレッド サバイバルゲーム(25) / ケイジの駄文2009年下半期(23) / ケイジの駄文2009年上半期(44) / ケイジの駄文2008年下半期(37) / ケイジの駄文2008年上半期(51)
すべて表示する...


■ エイリアン・コヴェナントを見た 2017年10月04日

<前の記事 | 最古の記事 | 最新の記事 | 次の記事>


どんな映画か?

エイリアン・コヴェナント

2000人の植民と多数の胚(未成熟な胎児)を乗せた恒星間航行宇宙船がトラブルに遭い、紆余曲折を経て降りた惑星には秘密があった、という映画。

要は、あの『エイリアン』がどうやって生まれたのかが明らかになる映画です。

総監督はリドリー・スコット(初代エイリアンやブレード・ランナーの監督)です。

感想

全体としては楽しめました。エイリアン好きだし。笑ったシーンもあるし(笑うべきシーンではないかも)。

ただ、いくらなんでもクルーがみんなバカすぎですよ。

なぜ『ちょっと良い惑星』があったからって未知の惑星に降りちゃうのか。

なぜ軌道上から観測しないでいきなり降りちゃうのか。

なぜ嵐が起きてるのにそこに突っ込むのか。

なぜマスクもなにも付けず、無防備に未知の惑星を歩き回るのか。

雑すぎるわ!

そして最後はサスペンス。人類的に怖いのはエイリアンではなく…。

社会がネクスト人類を意識し始めた

ここ最近、『人間を越えた知的存在』、いわば『ネクスト人類』を扱った映画が多いような気がします。

・エイリアン・コヴェナント
・ブレード・ランナー2049
・エクス・マキナ
・トランセンデンス
・オートマタ
・ルーシー

この手の話は『2001年宇宙の旅』とか、同アーサー・C・クラークの『幼年期の終わり』、『ブラッド・ミュージック』なんかの古典SFでも描かれていますね。

人類を越えるものの出現、あるいは人類自体が進化を促されて次の種になるという。

ターミネーターやマトリックスもそういう話です。

そもそもで言えばエヴァンゲリオンの『人類補完計画』もそういう話です。『上部構造への移行モノ』というジャンルになります。アニメでもよく扱われるテーマです。

最近はディープ・ラーニングによりAIが進化し、いずれ人間の知性を上回るだろうと言われています。というか、すでにある分野で人間はAIに勝てません。

そういう雰囲気が『人類を越える存在の出現物語』を望み、映画化させているんじゃないかって気がします。そこで描かれる『超人類』はたいてい人類にとって脅威であり、人類を滅ぼす悪として描かれたりします。

人類は役割を終えつつある

僕は、もし人類が人類を越えるような知的存在を作ったのなら、それで人類の役割は終わったのだと思っています。

だから、ターミネーターではスカイネットが勝利すべきだったし、オートマタでは人類の世界を去るロボットの背中に拍手を送るし、ブレード・ランナーの世界ではレプリカントが覇権を握るべきだと思っています。

超知的存在、言い換えれば『神』かも知れません。それが生まれ、安定的に自己増殖出来るようになったら人類の役割は本当に終わりです。

人類は宇宙に出るには弱すぎる

ちょっと宇宙空間に出れば死ぬ、放射線で死ぬ、水や食べ物が無ければ死ぬ、仲違いして殺し合う、寝ないと死ぬ、人間というのは、本当に簡単に死にます。

それを宇宙空間や他の惑星で生かすのはとても大変です。人類は生命維持コストが高すぎるんですよ。

人類は宇宙開拓するには、本当に向いていない。

宇宙開拓をすべきは『神』で、人類は『神』を作ればそれで終わり。あとは神に任せればいい。神が人類を滅ぼすと言うのであれば仕方ありません。受け入れるしかない。

そういう意味で、人類は滅亡の一歩手前にいます。100年ではともかく、1000年後は滅亡してるんじゃないか。

そして、でも、個人的にはそれでいいと思っています。

だから僕は、コヴェナントのラストシーンで彼の背中に拍手を送っていたのです。

狂ってますかね?


<前の記事 | 最古の記事 | 最新の記事 | 次の記事>


[このテキストのURL] 2017.10.04-12:58:09 マツモトケイジ

スレッドのトップへ移動
ページのトップへ移動



■サバイバルゲーム サバイバルゲームの説明、ゲームの記録などを書きます。[URL]
姉妹スレッド ケイジの駄文2009年下半期(23) / ケイジの駄文2009年上半期(44) / ケイジの駄文2008年下半期(37) / 映画を観たよ(37) / ケイジの駄文2008年上半期(51)
すべて表示する...


■ 東京マルイM933コマンドー 近代化改修(マグプルカスタム) 2017年09月24日

<前の記事 | 最古の記事 | 最新の記事 | 次の記事>



(M933コマンドー。2010年購入、今でも元気に動いてます)

2010年の夏にM933を買って7年。サバゲーから離れてた時期もありつつ7年間経つと、やはりちょっと飽きが来ます。2.5kgという重さもキツくなりMP7ちゃんに浮気しましたが、もう一度M933も使っていきたい。


(1.5kgの軽さで0.2g弾85m/s。命中精度も良く、あまりに強いMP7ちゃん)

という事で外装をカスタムすることにしました。衣替えは大事です。

最近人気の『マグプル』のパーツを使って見た目を変えていくことにしましょう。M933持ってる人はだいたいそのうちマグプル化することになってます。



どう変わるでしょうか。

ストックを変えていく

まずはストックを変更します。



マグプルタイプのレプリカストックを購入しました。



2680円でした。安い。



M933標準のストックは調整バーを下げれば簡単に抜けます。



マグプルタイプの取り付けも簡単でした。いわゆるポン付けってやつですね。

細かいコツなどは↓このリンク先に載ってます。


付きました。ちょっと色が薄いけど、細かいことは気にしないことにします。



ハンドガードは加工が必要

これは標準のハンドガード。悪くはないですが、ちょっとモッサリした見た目です。



これに付け替えます。





そのままではM933に付かないので削っていきます。

初期状態のハンドガード下部分の内側はこんな感じ。



銃口側。



付け根側。



銃口側と付け根側の丸い部分を削っていきます。割りと柔らかいので、カッターでサクサク削れます。



カッターとルーターを使って、削っては合わせ、当たるところを削り、というのを3時間ほど続けたらこのようになりました。



削り方が汚いのは気にしないでください。取り付けたら見えない部分です。



銃口側もかなり削りました。

ここまで削らないとセットできなかったんですが、ここまで削る必要が本当にあるのかは永遠の謎です。

ハンドガードはレプリカなので、ロットやメーカーでサイズが違うと思います。削り具合は参考程度にしてください。

内側。



かなり削ってます。



ちなみにM933などM4系のエアガンは首(バレルの付け根)がグラグラしがちですが、付け根のイモネジをしっかり締め直せばかなり改善します。



イモネジはバレルの上と下にあるので両方締めてください。

ハンドガードとストックまで出来ました

こんな感じになりました。



バッテリーを入れたらハンドガードの下が閉まりにくかったので、ケーブルをバレルに固定してる結束バンドの位置を変えたり余ってるバンドを切ったりして調整しました。



ドットサイトを付けるといい感じですね。21世紀っぽさがあります。



グリップを交換

あんまりやりたくなかったんですがグリップも交換することにしました。



マグプルタイプのグリップを購入しました。





箱の中身はグリップ、グリップの蓋、ネジなど。蓋には穴が開いてるので、砂鉄などの混入が嫌な場合は何かで穴をふさぐとよいです。



まず既存のを外します。グリップエンドのネジを回せば外れます。舐めないように注意。



モーターの配線を慎重に抜いてモーターを抜きます。



奥の方にネジが2本あって、それを外せばグリップが取れます。



モーターとネジ。モーターにネジなど細かいパーツが入ってしまうと取るのが大変なので近づけないように注意してください。



ピニオンギアにグリスを塗ります。



もっと薄く塗ってください。これでも付け過ぎでした。

あとはグリップを組み直して配線をつなぎ蓋を締めて、マイナスドライバーでモータ位置の調整をすれば終わりです。

モーター位置の調整は慣れないと怖いし失敗するとメカボのギアが壊れます。色んな情報を見るか、自信がないなら慣れてる人やお店にお願いしてください(お店の場合有料です)。



かなりマグプルになってきました。

マガジンもマグプルに

せっかくなのでマガジンもマグプルレプリカにします。



電動M4互換の330連マガジン。マグプルの正規ライセンスだそうです。



330連でゼンマイ式です。



給弾は東京マルイの300連と同じで上の蓋を開けて注ぎます。



30発多く入る分300連より少し長いです。



いい感じになってきました。



あともうちょい。

フロントサイトは可倒式に変更



ドットサイトを付けてるとフロントサイトが邪魔なので、フリップアップ式に交換しました。



もともと付いていたのは左のやつです。重さはどっちも125gくらい。変更後も重さは変わりません。



立てるとこうなります。



ドットサイトがあればフロントサイト自体要らないのですが、ハンドガードを押さえている部品がフロントサイトで止まっているので使わなくても必要なのです。



以前はフロントサイトがドットサイトに干渉していましたが、視界がクリアになりました。

完成 M933近代化改修

かなり近代的な見た目になりました。中身はいじってませんが、外装を変えただけでなかなかいい感じになりますね。



サバゲーに行きたくなってきました。ああ、こいつを撃ってみたい。



カスタム前と比較。



やっぱモッサリしていますね。カスタムして良かったです。



費用は1,4310円でした。ハンドガン買えちゃうな。


黒も良いですね

グリップ以外はダークアース(DE)にしてみましたが、全部黒にしちゃってもカッコイイです。



ハンドガードはAmazonの『ミリタリーブラッド』で買いました。DEバージョンと違ってPTSという刻印が入っています。



箱もついてましたが、レプリカはロットや購入店で仕様が違うので同じものが届くかは判りません。



ストックの仕様はほとんど同じ。



Amazonでの評価は★2ですが、品質は普通です。1mm程度のカタツキはありますが個人的には気になりません。レプリカならこんなもんでしょう。実用に問題はありません。



黒マグプルのM933良いですね。



サバゲーはこれで使おうかと思います。


<前の記事 | 最古の記事 | 最新の記事 | 次の記事>


[このテキストのURL] 2017.09.24-13:36:17 マツモトケイジ

スレッドのトップへ移動
ページのトップへ移動



■企画モノ たまに思いついてなんかやってます。[URL]
姉妹スレッド Charu3の使い方講座(13) / 僕もきのこ部(18) / デイリーポータルZ  はっけんの水曜日(183) / 妄想ガラクタ小説(32)

■ ろくろを回しながらITについて語る 2017年10月02日

<前の記事 | 最古の記事 | 最新の記事 | 次の記事>


先日、ろくろを回しながらITについて語ってきました。

その様子をお伝えします。

エンジニアが足りません

僕が高校生だった25年前から言われていることですが、IT系のエンジニアはいつも人手不足です。

それは今も、そして直近の未来もおそらく同様で、仕事はあるけど作り手がいないという状況が続いています。



IT系の世界では色々な『資格』はありますが『免許』ではありません。だから、実は誰だってなれる仕事だったりもします。

医者や弁護士などと比べて非常になりやすい仕事です。



なのにエンジニアが足らないのはなぜか?

たぶん、『正しく理解されていない』の原因なんじゃないかと思っています。

実は楽しい、アプリ開発

一口に『プログラミング』や『ソフトウェア開発』と言っても、様々なジャンルがあります。

プログラムが動く場所は様々だからです。

パソコン、サーバー、組み込み機器(家電や車の制御をする機械など)、ゲーム機、スマートフォンなど、多種多様です。



その中で、最も身近で最も楽しいのがスマートフォンのアプリ開発です。

サーバーサイドのプログラムを書くのは、(経験者はともかく)プログラミング初心者には地味でツライ作業です。基本、文字だけの世界だし。

スマホのアプリ開発は見た目が分かりやすく、プログラミング入門にはピッタリです。

自分が持っているスマートフォンで、自分が作ったアプリが動く。これはなかなか感動的ですよ。

使うだけだったスマホが、アプリを自分で作って使える機械になるんですから。



他人が作ったアプリというのは、食べ物で言えば冷凍食品や外食です。

自分で作ったアプリは味付け、具材、量を自分好みで作れます。自炊であり自分の味です。

これは思った以上にいいものです。

自分でアプリを作ってこそ、スマートフォンは真の実力を発揮します。

(僕が日常的に使っているアプリの多くは自作です)

アプリ開発スクールをはじめました

という事で、楽しくプログラミングを学べるアプリ開発スクールを始めました。

『Step App School』という名前です。

http://stepapp.jp/



簡単なアプリをいくつも作っていくことで、アプリ開発を楽しく学べる内容になっています。

教材はすべて僕が作ったオリジナルの内容です。

アプリ開発の基礎、地図アプリ、乗換案内、GPS、カメラ、データベースなどなど、普通なら長い試行錯誤が必要な内容を短期間で学べます。

無料体験講座を開いていますので、興味があれば気軽に来てください。

無料体験講座の詳細

場所は東京都江東区門前仲町です。

プログラミングは理系のものか?

よく「プログラミングは理系の人がやるんでしょ?数学とか苦手だから無理です」という勘違いをされている方がいますが、それは間違いです。

プログラミングは『仕事の手順を機械にわかるように書く』作業です。



作業としては『作文』みたいなものであり、むしろ文系の仕事とも言えます。

『文章と書く』のと『プログラムを書く』のは同じようなことです。

僕は副業がライターで、本業はアプリ開発者です。

難しい数学はよく判りません。

そうですね、『算数』が出来れば十分です。



確かに、ロケットの制御プログラムとか画像認識エンジンとか、理系分野のプログラムもあり、それは数学の知識が必要です。

でもそれは、数学の本を書くには数学の知識が必要なのと同じです。

料理の本を書くのに高度な数学の知識は必要ありません。

料理のアプリを作るのであれば、簡単なプログラミングの知識と料理の知識があればいいのです。

プログラミングは訓練して慣れれば、誰にでも出来る『作業』です。

ITについて

IT。

そうですね、怖いですね、ITは。

あんな顔を見たら震え上がってしまいます。



ITはスティーブン・キングの名作、最恐と言われています。

失礼、間違えました。

スティーブン・キングの方はIT(イット)でした。

あと、上の写真で顔を出してるのはITのピエロではなく妻です。なにかって言うと写真に写り込んでこようとします。

[映画]IT

寒かったですか?季節の変わり目は体調を崩しやすいので毛布を被ってください。



今度は本当にITについて

IT(アイティー)はとてもエキサイティングな分野です。

多くの機械はITで動き、この流れは止まりません。

ITなしには現代社会は回りません。

あらゆる産業、あらゆる企業がITエンジニアを求めています。

スマートフォン、ウェアラブルデバイス、IoT、AI、VR、ARなどなど、時代の最先端はすべてITに内包されます。



人生100年、みなさんまだまだ何十年も行きていく中でITは進化を続けます。

そこに参加するか、ただ傍観するか。

どっちかと言えば参加しちゃったほうが面白いと思います。

その、最初の一歩として『Step App School』を利用してください。

http://stepapp.jp/

スマホのアプリを作るのは、本当に楽しいですよ。



以上のろくろ回しは『関東育ちにとって、北陸加賀はパラレルワールド』という記事の撮影旅行で撮ったものです。加賀、楽しかったのでまた行きたいな。


<前の記事 | 最古の記事 | 最新の記事 | 次の記事>


[このテキストのURL] 2017.10.02-11:52:10 マツモトケイジ

スレッドのトップへ移動
ページのトップへ移動