Keijiweb ver 6.24 - 500冊ほど電子化したらScanSnapS1300のゴムパッドがすり減ったので自作した

ちょこっと通信:Geographica、雨かしら?、立体録音部などを開発、公開中!使ってみてね。

Charu3 / ジオグラフィカ / DIY GPS / Here.info / 速攻乗換案内 / 雨かしら?
 
サバイバルゲーム(10) / ケイジの駄文2010〜17年(41) / iPhoneアプリ開発日記(41) / iPhoneの充電について考えるスレ(7) / 山スレ(23) / 毎日の駄文2006年12月(14) / デイリーポータルZ  はっけんの水曜日(183) / Charu3の使い方講座(13) / 妄想ガラクタ小説(32) / ケイジの駄文2009年下半期(23)

全てのスレッドを表示する...

 
1位 [フィールド紹介] 立川 インドアフィールド mega G3 2位 何も知らない人向けサバゲー講座 第4回「銃に装着する光学器機について」 3位 何も知らない人向けサバゲー講座 第1回「サバゲーってなに?」 4位 MacOSXでカシミール3Dを使う最も簡単な方法 5位 第29回 新兵でサバイバルゲーム 6位 密造酒の作り方。その2。 7位 解約したiPhone4と4Sを2,398円で防水省エネな登山用GPSとして利用する方法。 8位 何も知らない人向けサバゲー講座 第3回「どの銃を買ったらいいか?」 9位 お腹を壊さないために気をつけるべき10個のルール 10位 初代iPadをWindowsPCのサブディスプレイにしてみた 11位 書籍電子化時に斜めに取り込まれるので色々調べてみた 12位 PSP-1000のアナログスティック修理 13位 豚肉にコーラを掛けると虫が出てくるというトンデモ。 14位 密造酒の作り方。その3。 15位 密造酒の作り方。 16位 iPhoneの携帯充電器について 17位 LifeProof用にストラップとiPhone用のタッチペンを買ったよ 18位 「渡辺篤史の建もの探訪」で最も面白かった回。 19位 サバイバルゲーム 20位 マツモトケイジのプロフィール


■ケイジの駄文2010〜17年 相変わらず駄文を吐きます。[URL]
姉妹スレッド iPhoneアプリ開発日記(41) / iPhoneの充電について考えるスレ(7)

■ 500冊ほど電子化したらScanSnapS1300のゴムパッドがすり減ったので自作した 2010年05月13日
<前の記事 | 最古の記事 | 最新の記事 | 次の記事>

4月末からはじめて、有り余る時間をキチガイのように投入して進めている書籍電子化。そろそろ500冊を超えようかというところで、消耗品であるゴムパッドが減って重送(紙を複数枚一度に飲み込む)が多くなってきました。1冊100枚ほどとしても、×500で5万枚ですから十分寿命です。というわけで、普通なら部品を取り替えるわけです。

メーカーサイトに載っているとおり、1000円程で買えるようです。

交換部品 (ScanSnapシリーズ)

でもさ、ちょっとこのパーツを見てご覧なさいよ。S1300のパッドユニットです。



減ってるのはゴムパッドの部分だけなんですよ。つまり、ゴムだけ替えればいいわけです。金属部分は小さな爪で止まってるだけなので簡単に外せます。外すとこんなの。



ゴム部分を替えるのも簡単です。どう見てもゴムパッドのパーツ代としては1円とか5円とかそんな感じで、これに1000円も出すのはいささかバカらしい。こういう消耗品で稼ぐから本体価格を抑える、というビジネスモデルもあるかと思いますが、そういう企業の都合に付き合えるほど裕福じゃないので、ちょっとホームセンターに行ってゴムの板を買ってきました。



エラストマーシートというらしいです。10cm×10cm、厚さ1mmのゴム板です。もともとのゴム板は1.2mmだけど売ってなかったので1mmにしました。表面はちょっと摩擦係数高めな感じ。現物を持って行って、手触りを確かめて近い物を買ってきました。

で、これをカットします。



幅17mm、高さ13mmです。高さ(というか長さ?)は元のゴム板が最初どのくらいの大きさだったのか判らないので商品画像からの推定値です。もしかしたらもっと短くても良いかもしれません。

カットしたら次は穴を開けます。



穴を開けるには穴開けポンチという道具を使います。一緒にホームセンターで買ってきました。穴は直径1.5mmと2mmのを開けるので、その大きさが開けられる物を選びます。写真のは800円でした。手芸屋さんにも売ってますが、2000円位するし、小さな穴のは売ってないので工具屋さんで買うのが良いと思います。穴1種類用なら300円程度です。



穴は前述の通り、直径1.5mmと2mmで開けます。両方とも、奥から3mm、左右の端から3.5mmの位置に開けます。左右の穴の大きさが違うのは、セットするパーツの突起の大きさが違うためです。



穴開け出来たらパーツにセットします。



金属のカバーを付けたら完成。



ScanSnapにセットして普通に使ってます。最初は摩擦が大きすぎるのか吸い込みが悪いですが、そのうち馴染むと思います。なんなら紙やすりで削っても良いと思います。

という感じで、結局1000円くらい掛ってますが、今後は追加投資無しで換えのパッドを作れるようになりました。あくまで自己責任ですが、大量に本を電子化する人は参考にしてみてください。


スレッドのトップへ移動
ページのトップへ移動